交通事故発生と対処法

交通事故は誰にでもいつでも起こり得る災害の一つです。
1歩外に足を踏み出すと、歩道上だから安全というわけではなく、増して車道を横切る横断歩道では多くの事故が発生しています。
そこで、交通事故の原因となる要素を以下の3つの観点からそのメカニズムと対策について考察してみたいと思います。
第1は、運転中の携帯電話使用やナビオーディオ設定による交通事故ついて。
第2は、夕方の無灯火運転による交通事故ついて。
第3は、自転車が関係する交通事故について。
それぞれの交通事故に関する考察は、それぞれ下層ページにおいて具体的に行うこととし、本ページでは今後の新しい交通事故防止策として世界中で注目を集め始めている自動運転システムの現状とその効果、将来性について記述します。

まず、自動運転の開発の現状としては、実用化へ向けて様々な実験が試みられていまあす。
そうした中で顕著な実験として、トラック4台を時速80㎞、車間距離4mの隊列走行実験に成功しており、将来への期待が高まってきています。
次に、自動運転の実現による効果としては、走行中運転手が肉体的な異変に気付いた時に自動運転に切り替えることにより安全な走行がなされる効果の他、運転手の異常を車両が感知して自動運転に切り替わることにより、事故を未然に防ぐ効果も期待されています。
さらには、公共交通機関に導入することにより、高齢者や幼児童の安全性が確保されることに繋がり、高齢者の買い物弱者及び病院弱者対策への効果も大いに期待できる将来の社会生活が希望にあふれる技術として、1日も早い実現が期待されます。

最後に将来性についてですが、市街地の中で自動運転車両同士が互いにコミュニケーションを取ることが出来るようになれば、交通事故の防止は基より、交通渋滞の鎮静化が期待でき、安全でかつ目的地への到着時間が読みやすいという都市機能の向上にも寄与することが期待できます。
さらに都市基盤整備と相俟った整備が実現するようになれば、歩行者や自転車はもちろん、信号や道路標識の認識技術が向上することにより、益々、事故のない安全な社会構築に貢献するものと期待でます。
しかし、一方、運転を完全に自動車に任せてしまうことは事故発生時の責任問題との関わりが生じる可能性があるため、部分的な実用化をすべきとの意見もあり、こうした課題解決も重要となります。



◆交通事故関連情報
交通事故の慰謝料の増額について資料請求ができるサイトです ⇒⇒⇒ 交通事故 慰謝料